デザイナーズ賃貸物件の生活のポイント
デザイナーズ賃貸物件の生活のポイント

デザイナーズの変形空間の賃貸物件での生活のポイント

いつの時代も憧れのデザイナーズの建築物。購入とまではいかなくても賃貸物件であれば意外とお手ごろな金額で借りることができるものもちらほらとあり、すでに住んでおられる方も多いのではないでしょうか?しかし、いざ住んでみると思わぬ落とし穴もあったりします。そこで今回は個性的なデザイナーズの賃貸物件における注意点と、そこでお洒落に快適に暮らすためのポイントについてまとめてみましょう。

まず、デザイナーズの物件に引っ越して最初に困るとしたらそれは床や壁の形ではないでしょうか?個性的な形ゆえに既製品のカーペットがうまく敷けなかったり、壁に本棚や家具がまっすぐ置けなかったりという場合があるわけです。こうした場合のポイントとしては、カーペットに関しては床の端から端まで敷こうとはせずに、真ん中部分にだけアクセント的に敷くのがお勧めです。あるいはPタイルやカット可能なPV素材のフロアマットであればカッターで簡単にカットすることができるので端から端まで敷くこともできます。そして、家具に関しては壁の形に合ったものを選ぶのが基本になります。例えばアーチ状の壁であれば四角い形の本棚をぴったりくっつけて置くことはできませんので、レイアウトフリーなブロック式に積み上げることができるタイプの物がお勧めです。また、机であればあえて壁に合わせずに部屋の角に対し斜めにレイアウトすれば、壁の形状に制約を受けないうえに空間の自由度が上がってよりお洒落な感じに仕上がります。

あるいは、時間があるのなら思い切って自分で部屋の形に合わせた家具を作ってしまうという選択肢もあります。今ではDIY関連の本やwebサイトで簡単な家具の作り方は紹介されているし、多くのホームセンターでは注文した形に木材をカットしてくれますので、後はほとんど組み立てるだけという状態で購入することも可能です。デザイナーズの物件を選ぶくらいの方であれば家具のデザインにも興味はある場合が多いでしょうから、こうした選択肢もデザイナーズの物件ならではの愉しみといえるのではないでしょうか?

■注目の情報